日本看護師不足は問題深刻

白衣の天使看護師の仕事は非常に激務で、その割には十分な賃金が与えられていないという看護師達の不満が多く、資格はあっても長くは続けられないというのが看護師達の現状なのでは無いのでしょうか


瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司は、【日本の看護師不足問題の深刻さ】に優秀な中国人材採用の。ご提案をいたします。

 

特に女性は結婚して、子育てに入ると、看護師という仕事を両立することは非常に難しいと言われています。

 

 日本の看護師人材中で年間10万人が離職をしていてこういう傾向が持続すれば2025年には看護人材不足規模が45万人に達するとみられているそうです。

高齢化によって医療業務が高度化されて複雑になりながら業務強度が増えた反面、看護師の処遇は改善されないでいるためだそうです。

 

 高齢化が深刻化する反面、社会システムがこれを支えることができなくて現場で働く看護師たちにし わ寄せがきているのでしょう。

 

 厚生労働省推計によれば日本国内で毎年5万人が看護師および助産師など看護人材資格を取得している反面約10万人が離職すると集計されています。

看護師人材の離職理由の中で結婚、出産など伝統的理由の外に長時間勤務および残業過多などが著しく増えているのが現状です。

 

 医療業務が高度化、専門化されながら看護師の業務量が増えているけれど処遇は劣悪なのが主要離職原因になっているわけです。

 残業時間は過労死が認められる基準時間の月50時間以上が約8%に達したし夜勤回数も月9回以上が50%であったと知らべられています。

過酷な労働環境

 看護師の平均給与は夜間手当てを含んで20代が月30万円程度で薬剤師や臨床検査器社に比べて多かったが給与上昇率が相対的に低くて56才を越えても月40万円に至らなくなっているのが現状で、長くやれば給料が上がるというわけでもない。

 

 これに伴い、全体看護職員の50%以上が賃金水準に不満があって、この中で60%はこのために離職を考慮したことがあるという結果がでている。

経歴を積んでも処遇がついて行ってくれない。

 女性の社会進出が少なかった時代に作られた構造が看護師の大量離職を誘発しているのではないだろうか?看護師人材の離職現象が深刻化されながら日本の看護師人材がこのさきもどんどん不足していくことが見込まれています。

 

 高齢化時代に看護師などの医療機関のサービスがさらに必要とされるなか、看護師の不足は深刻な問題と言えます。

 そんななか大型病院などは給料をあげて看護師の人材確保しようという試みが実行されています。

中小病院看護師らの月給が急速に上昇している。

 看護師人数は限定されているが、需要が急増したためです。

 

 病院によれば中小病院看護師賃金が最近数ヶ月間30%ほど上がったと言われました。

 

 過度な新増設と看護等級制施行により大型病院らの看護師需要が大きく膨らんで、主に中小病院で看護師をスカウトしたせいで中小病院では看護師不足が問題となっているそうです。

 

 中小病院を運営しているところでは病院に看護師が100人ほどになるのに昨年の秋と今春間に40人が変わったそうだ、定員の100%を満たせずにいる状況が続いているとのこと。

 

 地方の中小病院は事情がさらに深刻だといいます。

 看護師たちは月給を多く支給してくれて勤務環境が良い大型病院に勤務していってしまって、賃金を上げても看護師を確保できないでいるといいます。

まさに二重苦でしょう。

 

 月給を30%以上上げたのに看護師人材がなくて最初から病棟を閉鎖する病院が続出しているそうです。

 

 看護師の月給を引き上げてやって見たら医療技師など他の職員らの月給も一緒に上がらないとならないし、中小病院看護師年俸と大型病院での年棒の差は1.5倍から2倍にもなるそうです。

 

 個人病院では経営を考えると、多くの給料を支給すれば経営にも支障がでるし、看護師を確保できなければ、患者さんのお世話が十分に行き届かずに、解決策もいまだ十分でないのが現状です。

 

上記のような、看護師雇用の状況下「瀋陽大鑫成商務諮詢有限」では「中国人准看護師養成事業に踏み切りました」事業内容は、下記のとおりです。

 

瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司は、上記のような人材不足に対して、長期的な人材育成・投資をお考え頂きますようご提案いたします。

 

 中国国内の中国人の日本語教育を行った人材に対して、准看護師学院への入学試験を実施して頂き、医療・看護分野の日本の准看護学院に留学させ准看護師養成を行います。

 

 国内での高齢者人口の増加に伴う従事者の負担増加や人手不足が懸念されている為、これらの専門職従事者については在留期間延長や永住許可取得条件の優遇措置も検討されています。

 

 現在、平成22年度より厚生労働省では、新人看護職員に対する研修の推進のために、「新人看護職員研修事業」を立ち上げました。

 

 平成23年度は、更なる普及・推進を図るため、病院等が実施する新人助産師・新人保健師の研修、都道府県が実施主体となる教育担当者・実施指導者の研修に対する支援が、新たに追加となりました。

 

 各施設・病院等におかれましては、この事業を活用し、よりよい研修体制の整備・研修内容の充実を目指ししてはいかがでしょう。

中国人准看護師導入の充実は、新人看護職員の離職防止や、指導を担う中堅看護職の負担軽減にも有効だと考えます。

 

 日本の各病院、准看護学院は、瀋陽大下投資顧問有限公司と提携し、条件(日本語能力等)に合う准看護学院入学希望者に対して、中国国内で日本語レベル、准看護学院入学基準に合う人材の面接及び入学試験を行って頂きます。

病院・福祉施設の役割

 准看護師留学生の日本国内免許取得に係わる奨学金等援助・補助を行う。

准看護師留学生と雇用契約を結ぶ。

准看護師留学生

 中国にて日本国の准看護学院入学できる能力水準を上げる。

日本准看護学院留学生応募対象要件及び准看護師試験合格後の条件

 中国の高校を卒業後、日本語学校及び大学等で日本語及び看護医療教育を受け日本語能力が有る人材。

日本で准看護師免許を取得後病院・福祉施設と定められた期間の雇用契約を結ぶ 。

 

瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司の役割

病院・医療施設と事業契約を結び情報提供を行う。

 

留学送り出し機関と提携し、条件(日本語能力等)に合う将来准看護師に成ろうと志す者に対し技術取得及び実習病院等で長期就労を目的とする勤勉学生人材の情報提供を行い、日本側の留学の為の情報収集を行う。

 

上陸した学生及び日本側の病院・医療施設に対するサポートを行う。

 

そして、瀋陽大鑫成商務諮詢有限は継続的な、中国国内の優秀な人材発掘、情報収集を行うことにより日本の切迫した看護師不足に対応するため、長期的な人的投資をお勧め致したくご案内いたします。


  中国人看護師合格の朗報

原文のまま記載
原文のまま記載

          中国人女性の日本国看護師国家試験

                           合格のニュース


 

日本医院新添 “中国线

 

三名中国女性考取日本士国家

 

作者:温庭竹  来源:日本新华侨报  时间:2012/04/18 11:41:41

日本的士国家一般的日本人来也是难过关。三名年的中国女性只在日本学了一年的日,就闯过难关一取得考合格,并被一家医院正式用。

 

来自中国河南省的三位女性考取了日本的士国家格,2012年春天,被位于春日井市高藏寺町的名古屋德州会合医院用。三人身穿新的士服,充信心地表示,“超越言的障碍,通和患者之的心和心的交流来做好理工作”。

 

目前,三人已取得了日本法颁发的工作签证26马亚贞被分配在外科住院部,24的袁明霞被分配在重症加强护理病房(ICU),24的邱云被分配在整形外科住院部。

 

三人以前均在河南省的一所合大学学毕业后在中国取得了格。20114月来到日本,在关西言学院学了一年日后,和日本人一参加日本的格国家考,并得了合格证书。关西言学院位于京都市,在培养中国人士方面投入了很大的精力。

 

“片假名太了”、“我想尽快习惯名古屋方言”,就如袁敏霞所,目前三人共同的烦恼还问题。可是,家医院有一位可的前——家医院用的第一位中国人理主任、45海棠。海棠在家医院已工作了10年。次,新人加同胞的到来也给谢海棠的日常工作中增加新任,医院将三名中国籍士的业务及日常工作生活的照料都交与了海棠。

 

海棠在中国就是士,后来得中日笹川医学学金来日本留学,经过苦学,立看大学研究生院士学位,后来又取得了金城学院大学研究生院的社会学博士学位。她告新同事:“因中日在医制度以及家庭念等方面不同,工作得辛苦,但是会你有很多收”,“如果用真心去待患者,那么就可以和患者心灵相通,就能超越国境”。

 

站在新起点线上的三名新人分表示,“我打算掌握在中国所没有的在照患者的日常生活方面的技”,“我想用我的笑来温暖患者的心”,“我想在工作中和患者建立信关系”。

http://jnocnews.jp/

 


Q,入国に際してのビザはどうなるのですか?

 

入国管理の専門家古田行政書士事務所 申請取次行政書士 古田誠司先生のコメント

 

A,瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司
大下様
古田です。
お世話になります。
準看護師養成学校の記述に関して調べました。
やはり入管の審査要領に記載がありました。
基本的には留学の在留資格が取得できるようです。
就労目的ではないということが確認できることが条件です。

 

 古田行政書士事務所 行政書士 古田誠司 SEIJI FURUTA 
 〒530-0037 大阪市北区松ヶ枝町6177新興ビル708
 TEL06-6809-7026 FAX: 06-6809-7027
 
ホームページ http://furutagyosei.net/

 ブログ http://furutagyosei.cocolog-nifty.com/

従って受け入れ医療施設が、留学目的である姿勢を明確にすることがビザ発給の要件になります。