J.C.Sビジネス瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司の取引紹介ビジネスコンサルティング実績

瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司は、本年国際貿易事業開始に伴い下記事業項目を、瀋陽市政府に経営範囲追加申請を致しました。

 

 

环保设备进出口、建筑材料进出口、环保设备进出口、健康食品进出口、食品进出口、服装进出口、日用百货进出口、钟表进出口、宝石进出口、电子产品进出口、化学工业品进出口。

 中国国内特に、遼寧省地域でのビジネスサービスを提供致している専門なビジネスコンサルティング会社でございます。

 最近の、中国政府及び企業、日本会社からの取引依頼及び紹介等のコンサルティング実績をご紹介お知らせいたします。

 中国でのビジネスには「交渉力」が必要不可欠です、弊社は皆様の立場に立って交渉戦略を企画立案してます。 

 当社は日本中小企業が中国市場を進出開拓する前に、お客様の課題に応じて、中国事情を踏まえた上で、正確な現在の市場調査及び提案を提供しております。

   そして、撤退!中国からの撤退については「進出の時の手続きはスムーズに行きますが、逆になれば全ての手続きがスローになります」。基本的に3つの同意が必要となる。(1)合弁相手の同意、(2)地元政府の同意、(3)従業員の同意。「合弁相手には、日本企業の看板が外れることに難色を示され、地方政府の役人は、税収が落ち込めば自らの成績に悪影響になるため同意を拒む」。

従業員については、仕事を失うことに抵抗することはもちろん「ゴネることで、経済補償金(退職金)の割り増しを狙う」こともあるという。

 その他、様々な困難が待ち受けて居ることをお考えください。

 スムーズな、撤退はご相談下さい。

 JCSビジネス中国・瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司は、中国国内法に基づきました日系外資法人です、その経営資格の中で中国政府より許可されている経営内容は日本企業及び中国以外の海外企業又は中国企業様の全てに渡るビジネスや個人の生活に対する相談を受けて、問題案件に対し処理、解決ご提案することが法律で許可されている中国の専門的な法人で御座います。




2015年10月14日

衆議院議員会館に福建省福清市の実力企業、社長をご案内して「中山泰秀外務副大臣を訪問いたしました。

写真は、右、中山副大臣、中、叶社長、左弊社大下の記念撮影風景写真です。



2015年10月14日

自民党青年局次長、今野智博衆議院議員を食事会参加にお願いいたしまして、叶社長との日中友好親睦会を開催させていただきました。


福建省福清市の福清市利明環境工程有限公司(グループ会社中国500強中ランク372位、従業員数3万人強)、叶総経理は10月13日「日本総務省所管、日中経済協会」を訪問中国の水環境及びエネルギー環境技術について建設的な意見交換を行った。


 上記、報道ニュースは「福清天億日中貿易有限公司」(福州自由貿易試験区)が「竹村公太郎博士」元国土交通省・河川局長(現日本水フォーラム代表理事)日本水フォーラム会長は「元日本内閣総理大臣森首相」が弊社の子会社「福州天億日中貿易有限公司」(外資)の招聘で、福清市利明環境有限公司への日本最先端水環境技術指導を行うために、福建省人民政府、福清市人民政府環境担当幹部、同社技術者を本社に集めて講義を行った様子が中国の報道ニュースに成った報道ニュースです。 2015年8月22日報道ニュース

左写真は、福清市利明環境有限公司、叶社長と竹村公太郎博士が業務合作協議書に合議し契約書に署名された時のお写真です。


今後の、日本水環境最先端技術輸出指導に置いて、強くお約束されたお写真です。

             2015年8月24日


给中国美容专家们的建议,对于在日本最高端美容外科医疗领域很有权威的日本美容外科学会,从入会到出席学会,学会正式发放会员证,以及翻译方面我都将进行援助。

日系公司(外资)沈阳大鑫诚商务咨询有限公司和日本总公司樱实业有限公司以及学会的日本医师都将尽全力进行帮助。

也可以推荐介绍自己和他人,请向我咨询。也可以推荐介绍自己和他人,请向我咨询。



2015年4月24日

日本の美容整形外科医、高医師と中国深センの李博士による「日中美容整形外科医師の技術交流」が始まる会議を行った。

大阪スイスホテル36階のラウンジで夜中12時まで協議を行った。

年間、200人の中国美容外科医師の派遣を約束し、日本高医師は手配を約束した。

弊社は、その総合手配を担当する。


董事長が、顧問に就任している「日本一般社団法人国際先進メディカル普及協会」と深セン美薇雅生物化技有限公司「李寧英」博士、総経理との先進医療分野での技術交流を双方同意した。

香港にて、2014年12月2日



楽居養老院・開業

弊社と遼寧省中日友好協会で進めて居ました、スタッフ教育などを終了し、目出度く日本式養老院のオープンにこぎ着けました。

 

瀋陽市瀋河区東大営街31号

024-2462-3333

視察などにつきましては弊社にお尋ね下さい。


 日本国 独立行政法人科学技術振興機構(JST)中国総合研究交流センター(CRCC)の「日中間の国際産学連携促進に関し、JSTが主催する「イノベーション・ジャパン2014年」と題した「日中の産学連携国際会議」に弊社からは、運営総監の劉毅が出席する。

 JST中国総合研究交流センターは、産学連携分野における日中間の国際協力を促進するために、中国関連機関と連携に取り組んでいる。

期間は9月9日より14日迄


中国国務院が東北地方振興への支援について発表 2014年8月 

ダウンロード
中央政府国務院による、東北3省、黒竜江省、吉林省、遼寧省の地方振興支援
2014年8月、中国国務院は東北振興政策の成果を拡大し、発展における課題を解決し、内生的発展による東北経済の質と効率の向上、高度化を促すため、『東北振興支援の最近の若干の重大な政策措置に関する意見』 を発表した。
中国国務院が東北地方振興への支援について発表.pdf
PDFファイル 242.0 KB

中日シルバー産業(遼寧)業務提携会議に弊社董事長も参加いたしました参加者は、下記の通りです。

中国側・瀋陽市人民政府高宏彬市長様を始め政府、遼寧省中日友好協会、陳鉄城会長様他民間関係者多数

日本側・在瀋陽日本総領事館大沢勉総領事様、吉池経済領事様他民間多数出席

中日シルバー産業(遼寧)業務提携会議では、様々な意見を聞くことが出来ました、今後の中日の養老産業の発展に繋がると確信いたしました。

中国遼寧国際老齢産業博覧会について
    このたび2014年中国(遼寧)国際老齢産業博覧会及び第5回中国(瀋陽)高齢者・障害者用品博覧会が、7月18~20日の間、中国遼寧省瀋陽市遼寧工業展覧館で遼寧省老齢工作委員会弁公室、瀋陽市老齢工作委員会弁公室の主催により開催されます。

 本博覧会は、展示面積12,000平米を有し、中国の国内外のベスト・ブランド企業・関連機関が参加し、最新のシルバー産業製品・設備・技術のブース展示により、シルバー産業製品をご紹介し、関連企業の皆様にシルバー産業界の交流・協力のプラットフォームを提供するものです。

 今回は日本企業も参加いたします、弊社も「人の食品からの健康をテーマに参加させて頂きます」人体に害のある「食品残留農薬」の除去方法

「日本の最先端技術で製法したの製品のご紹介です」。

 中国移動通信でも全中国で採用されています、農薬除去洗剤どうぞ、会場にお越しに成って一見して頂ければ幸いで御座います。

大学生勤労社員の「王暁宇さん」も、中国遼寧省の老人の健康のため一生懸命「健康商品」の説明をしています。


遼寧省中日シルバ産業推進検討会のより詳しい資料は左をクリックしてください。中国養老法令集も有ります。



瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司と深セン天成和順投資ファンド「北京事務所」とは、今後日本の家庭厨房関係用品販売店、中国200店舗構築に同意した。

200店のネーミングは、王総裁が命名した「快楽衛厨

写真中は、王振国総裁

左、弊社運営総監、劉巍

右、弊社董事長、大下晄

                           2014年7月11日


弊社、グループ貿易会社の取り扱う日本製品が「中国移動通信」(電話通信会社)の景品に抜擢されました。

今後、全中国を市場に販売されますご報告いたします。

このように、中国でのブランド化に成功する事例も有ります。

詳しくは、お問い合わせくださいませ。


 河北宝豊軽鋼彩板有限責任公司(全世界向けコンテナハウス大手メーカー)と、瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司は、日本市場開発のために正式合意契約を締結した。

動画は、弊社と共同開発した建設現場事務所用に使えるよう工夫された製品です、簡単に移動できます。総重量1,7トン先ずは、動画でご覧下さい。

      http://v.youku.com/v_show/id_XNzI4NTU5Mzg4.html

                       2014年5月18日

コンテナハウスに付いての詳細は左をクリックしてください。



 日本大手ニット製品メーカー様より、冬アイテムの企画書、現行取扱い製品を郵送される、弊社は日本側の製品企画書に基づいた、中国国内のメーカーをリサーチし安価な、品質良好のメーカーと日本企業をマッチングさせる。

                                           2014年5月25日


瀋陽市「辽宁萃兮华都」高級百貨店とのトップ会談が終了致しました。

地下一階のフードコート出店コンサルやアパレル等、中国で一番最初の導入の360度3D映像館の導入が決定いたしました。

尚、弊社に市場開発依頼が有りました、一般社団法人国際先進メディカル普及協会様からの提案による、日本での人間ドック等健康診断等のプレゼンも了承して頂きまして、今後担当者レベルの実施会議に移行いたします。

約2時間に渡る弊社からの、プレゼンに熱心に耳を傾ける担当者の皆様方でした。 トップ会談名簿:百貨店側より、Hu Ynzhou首席執行官様、総経理(行政・運営)副総経理他30余名、弊社より大下董事長・徐総経理・陸副総経理が百貨店会議室でトップ会談を行いました。

2012年4月25日午後1時より


韓国株式会社ispaceと正式合意契約

日本と韓国の技術の結集「世界特許申請中」

360度 3D立体映像システム全中国市場開発コンサルティング契約に両社は合意し2014年3月30日正式契約をした。

弊社は、全中国市場を獲得し韓国法人、株式会社ispaceの世界特許の新製品の市場開発を開始いたします。

写真左、崔代表理事 右弊社大下董事長

詳しくは、お尋ねくださいませ。

3D360度のコンテンツ製品です、中国初上陸に為弊社に市場開発コンサルを依頼された、弊社は中国市場獲得のため販売ルート構築を行う。


辽宁萃兮华都

本年12月開店の瀋陽市ナンバー1を目指す高級デパートです、弊社はテナントに関する店舗誘致依頼が有り合意した。

地下、食料品売り場には「養老関係健康食品売り場を設置」新しい商品開発を行う。


 北京日中双珠商務諮詢有限公司 岩崎 克幸董事長・総経理様の日本貴国に伴い、今後の遼寧省養老産業情報交換の発信を依頼が有り、弊社も快く受けさせていただきました。


賈 素平,准教授。

現、大連交通大学信息工程学院ソーシャルワーカー学科長。
遼寧師範大学卒業。
神奈川県に国費研修後、遼寧省の友好提携県である富山大学・富山大学経済研究科大学院修士課程を修了し、日本企業に勤務して通算10余年日本に留学等で滞在。
2006年に大連に帰国後、大連交通大学日中友好人材育成センター(ODAセンター)海外事業部営業部長を経て、2008年より現職。
中国の国家資格のソーシャルワーカー(社会工作師)学科の開設に尽力した。現在、大連市における高齢者福祉分野の専門家として、大連市民政局高齢者施設審査委員審査員・大連多数の養老院経営顧問等に就任。
大連市の高齢化の進展で、日中間でシルバー産業の提携案件が増加しており、高齢者福祉専門家として日中間を往来し、両国のシルバー産業の架け橋として貢献さてています。

弊職は、毎日のように賈 素平,准教授との電話会談を通して今後の遼寧省の養老産業についてのアドバイス及び意見交換を行っています。

日本の広島大学での特別講演など多くの公職を熟していらっしゃいます。

賈先生は、遼寧省中日シルバー産業推進検討会の、推進委員にご就任されました。


瀋陽市蘇家屯区人民政府を訪問、中日の養老産業戦略についての会議を行った。

出席者:日中経済協会・遼寧省中日友好協会・弊社の3名で訪問した、瀋陽市蘇家屯区人民政府からの出席は、局長級2名副局長1名スタッフ2名で有意義な交流会合が進められた。


日本三幸グループ、株式会社日本教育クリエイト様が弊社を訪問、今後遼寧省進出の足掛かりのために遼寧省での人脈構築などをご相談された。

コンサル内容:養老職員養成のための人脈構築、養老学校ご紹介等


遼寧省中日シルバー産業推進検討会に出席

本日の出席者は、座長・遼寧省中日友好協会陳会長、日中経済協会、瀋陽代表処西槇首席代表、遼寧省中小企業庁、日本からは新宿住友ビルに入る劉博士、老人ホーム経営者や実務家等が参集した。

本日の会議のことは、日本国外務省瀋陽総領事館・総領事もご存じとの事で本日の会議は、29日に総領事に報告される。

会議の骨子は、遼寧省中日友好協会が中心になり日中経済協会が参加した、検討会を立ち上げる。

                     2014年1月14日


 年末に入り、北海道の海産物商社より取引依頼が来ました「北海道産の乾燥黒ナマコ」中国ではナマコは高級珍味として親しまれています。

 中国の旧正月「春節」商戦に使って頂きたいとのこと、弊社は中国各地の海産物問屋に交渉に入っています。


 下記資料は、佐賀県瀋陽代表処北島首席代表様と遼寧省中日友好協会陳鉄城の、佐賀県介護施設研修旅行等の要望書及び視察団団長視察団メンバーとの会食の様子です。     担当:団俊樹副董事長

2013年10月22日撮影

左記挿絵は、現在の中国社会の様子

「老人介護施設の充実と施設の普及は中国経済を拡大する」

弊社の、小論文が有りますご希望の方はご連絡くださいませ。

 

ダウンロード
佐賀県宛ての文章.docx
Microsoft Word 17.6 KB
ダウンロード
訂正日本国佐賀県視察団_老人ホーム楽居の概要.docx
Microsoft Word 17.4 KB

佐賀県庁表敬訪問時の写真
佐賀県庁表敬訪問時の写真
嬉野高等学校訪問、介護学習体験
嬉野高等学校訪問、介護学習体験


佐賀県庁表敬訪問時の記念品贈呈や遼寧省中日友好協会との交流要望についての会談風景

嬉野高等学校校長、担当教員様との、老人介護教育の現状等をご教授いただいて居る風景


心を洗う、日本の仏教文化を体験

 


老人ホームの食事を体験

佐賀県老人会との交流、初めての日本和服を体験しお礼に東北地方の餃子を作り交流を行った。



 楽居養老院の佐賀県研修は、実りのある視察研修を終えて第1陣の研修には幕を下ろした。

 視察研修を終えた、楽居養老院及び弊社の職員は何かしら心に刻む事のできた有意義な視察研修だったとの感触が弊職の心を過ります。

 視察研修団を代表いたしまして、佐賀県職員の皆様、佐賀県の老人介護施設の皆様、暖かいお迎えを頂きまして誠に感謝致しております。

 又、在瀋陽日本領事館のビザ担当領事様には視察研修の為のビザをスムーズに発給して頂きまして感謝しております。

 現在、日中経済協会・瀋陽代表処と遼寧省中日友好協会が企画段階に有ります「遼寧省中日シルバー博覧会」実施に一歩近づいたのでは無いかと思料致しております。

 最後に、弊職の感想を簡単に書かせていただきます。

 介護学習をしている、嬉野高等学校の教員の皆様に質問を致しました。

 生徒にどのようなご指導をされているのでしょうか?

答え:今の日本を作った先輩方に感謝の意を込めた介護を!と言うお答えでした。

 視察研修を受けた、今回の中国人研修職員の皆様も胸が熱くこみ上げたことだと思います。

 中国でも、同じことが言えます「改革開放」以来この現在の近代中国を作り上げた諸先輩方の介護にあたる、素晴らしい事ではないかと痛感したそうです。

                      2013年12月8日

          瀋陽大鑫成商務諮詢有限公司 董事長 大下大智


ダウンロード
日本佐贺县介护设施访问研修感受PDF.pdf
PDFファイル 14.1 MB

 弊社の、医療担当の張経理(部長)が書いた出張報告書、張経理は今後「老人介護施設・楽居」へ出向する。

最後の挿絵は、彼女が老人介護事業に想う心の表れでしょう。

 



老人ホーム楽居(瀋陽市沈河区養老院楽居)

訪日研修団結成式「2013年10月22日」日本自治体「県庁在瀋陽代表処北島首席代表様」をお招きして開催されました。

第一次、日本老人ホーム研修視察団が決定いたしました。

11月下旬実施致します。(九州)

受け入れ、日本の自治体様より応援も有り、第一次視察団としては上々の出来栄えです。

中国遼寧省の老人の方が、日本の最先端介護システムで安心した老後生活が送れますよう願います。

瀋陽市内で「近代化民間初の老人ホーム・楽居」誕生致します。

3,000万人民弊を投資しての「近代化老人ホームが誕生」

弊社の役割は、日本式老人ホームシステムの導入と介護備品の調達が主な役割です。

投資家様は、力のある方で「瀋陽軍区砲台学校内部での開業」と成っています、施設を利用する老人方は「軍の砲台学校内部の散歩等運動施設利用も許可されています」

下記写真は、工事が着々と進む改修中の「楽居」及び軍学校内部の取材写真です。


日本の大型ホテルグループ会社からの業務提携委託書が届きました。

弊社の担当は、中国東北3省及びベトナム、ミャンマーの地域でのホテル出店物件のリサーチ及び交渉権の委託書内容です。

その大型、ホテルグループは中国圏500店舗の開業を目視しています。

弊社は、特別班を結成して業務遂行する所存で御座います。

2013年10月21日付


韓国産業界の遼寧省視察団の会合に遼寧省人民政府の要請で通訳を伴い参加、写真は参加時の様子(遼寧省対外人民友好協会・会館にて)


韓国産業界の遼寧省視察団の会合に遼寧省人民政府の要請で通訳を伴い参加します、遼寧省韓国訪問者、企業、日程日時は下記の通りです。

受け入れ主催:遼寧省人民政府
場所:遼寧省対外人民友好協会・会館

韩国产业视察日程:2013.10.11/15:30

姓名 职务 主要业务与产品  

弊社参加者:大下大智董事長・徐浩総経理・3各国語同時通訳者2名(弊社常勤職員)開催時には、日系企業とご紹介頂きました。

1 张吉浩 全罗北道经济通商振兴院院长 小型企业公认、中小企业市场营销支援、国内外市场开拓 

2 金大中 世忠产业(株)代表 各种纸袋,包装纸,软包装纸设计与制造 

3 杨京植 SPM(株)代表 社团法人 风险投资协会全罗北道会长 医疗器械专营 提血管SGS,EDTAE等产品的制造与开发 

他30名

左は、韓国産業界の遼寧省視察団の会合に遼寧省人民政府の要請で韓国語、中国語、日本語で同時通訳で大活躍する弊社の韓副総経理です。

(頭にサングラスの白い洋服の女性)

 



中国雲南省プーアル市栽培高級コーヒー豆【日本総代理計画を弊社に依頼】

 コーヒー豆品種:アラビカ種

 現在の総栽培収穫量:2,000t(弊社クライアント生産者農家栽培収穫量)技術導入経緯:2008年アメリカのコーヒー豆栽培技術をアメリカ会社(設備等投資)主導ので導入し最高の技術で数々の賞の受賞

クライアント収穫住所:雲南省普洱市孟連県娜充鎮範長珈琲広

 

 中国雲南省普洱市孟連県のコーヒー生産沿革

 

 中国の雲南省が有数の高級小粒種コーヒー豆産地を指向.2011年からの五ヶ年計画で年間20万トンのコーヒー豆生産体制へ.世界のコーヒーメーカーも雲南コーヒーのブランド化計画に参入しています。

 

 201111月,この地にやってきたのはスターバックス社であった.同社は雲南省農業科学院,プーアル市政府との間で,コーヒー産業の発展を推進する協力覚書に調印した.雲南に原料供給基地を設立するというのが趣旨であり,雲南を戦略的に重視している。

 現在は、ネッスル等世界のコーヒーメーカーは此の産地のコーヒー豆を使っている。

 現在日本向けは、総生産量の僅か4%を上島珈琲様が独占契約しています。

 弊社は、日本・韓国向けの総代理を取得予、定現地での合弁会社に同意計画中で御座います。

 

 視察日時決定:2013年9月29日~一週間(西双版納・普洱市孟連県)担当:大下董事長、穆利濵顧問(国慶節で中国の休日を利用して、昆明に寄り道をしました、その時の写真も添付して有ります)

 視察は意義のある視察であり、孟連県人民政府及び普洱市珈琲協会からの委託を受け、此の地の珈琲産品を日本市場にご紹介する契約を締結致しました。

ダウンロード
中国雲南省プーアル市栽培高級コーヒー豆日本総代理計画.docx
Microsoft Word 591.0 KB


第一次視察実施、品質は北京の石材会社が現地入りをして技術指導をしている。右は視察時の映像(沢山有りますご連絡いただければ送信いたします)2013年9月25日実施 担当:徐総経理


移動組み立て式・プレハブハウス

【日本市場価格の三分の一に挑戦!】

日本のメーカーさんよりの受注で市場調査から開始いたしまして、日本の規格にマッチするように弊社と、日本メーカー及び中国メーカーとで共同開発しました。

弊社は、暗中模索の中、中国国内を隅から隅まで市場調査し折衝し開発いたしましたのが写真のプレハブハウスで御座います。

日本メーカーさんも、現地に出張して頂きまして実際組み立てを行い【合格】を頂きました。☆詳しくはお問い合わせください。

http://v.youku.com/v_show/id_XNjMzNjY0MjQw.html

新型、プレハブですドメインからお入りください。

上記写真は、日本上陸し組み立てた写真です。

下記写真は、日本の新進メーカーさんと共同開発いたしました、プレハブ(コンテナハウス)の輸出時の写真で御座います。

ご覧に成ってお分かりなようにお客様のお手元に届くときは40フィートコンテナにこのような「形状4棟が2組・全8棟」で積まれています。

コンテナからは、人力で出せる様に工夫されています。1棟の部品がプラモデルのようにパッケージ化して有るのもこの製品の特色です。

尚、現在注文が殺到しています然しながら、40フィート輸送用コンテナには8棟積んでありますのでそれ以上は2コンテナに成りますのでお考えいただきまして、8棟単位で御発注下さいませ。尚、現在の中国側の生産能力と致しまして月200棟生産が限界で御座います。

下記写真は、日本に上陸しお客様に納品しているときの作業風景


2013年8月20日

遼寧省人民政府、対外部門より日本福井県鯖江市の「チタン加工技術」の加工委託事業委託コンサルを依頼される。

弊社は、早々福井県の鯖江市の大手眼鏡メーカーに対してチタン加工を依頼した。

今後、技術提携及びチタン加工費用が発生増大する可能性が有る取引です、そのサンプルと分析表は下記の通り。


2013年7月27日

錦州市世界園林博覧会EXPO「日本美食・お祭り」開催決定!

7月23日スタート

7月27日(土曜日)開会宣言式開催!

弊社の企画いたしました、EXPO参加が決定いたしました。

素晴らしい、弊社のコンサル事業の栄誉だと感じています、関係者の皆様には感謝しております。


弊社の提案!

弊社は、遼寧省中日友好協会 陳鉄城会長と協議し錦州市における5月~10月迄の「錦州市世界花博覧会」に向けての策定計画に遼寧省中日友好協会陳鉄城会長に推薦していただきまして、遼寧省中日友好協会、陳鉄城会長に対する当該博覧会参加の要望書及び企画書は下記の通り。

世界に羽ばたく、日本著名造園家が出店予定でございます。


ダウンロード
遼寧省中日友好協会と弊社の制作
錦州市世界花博覧会概況.pdf
PDFファイル 525.9 KB
ダウンロード
錦州市概要.pdf
PDFファイル 1.4 MB


中国 2013年世界園林博覧会開催に弊社の企画が採用されますよう企画立案中!

 

    園林・園芸の二大権威組織である国際造園修景家協会(IFLA)、国際園芸家協会(AIPH)、および中国国際貿易促進委員会の認可を経て、中国遼寧省錦州市で2013年5月から10月までの5カ月間、 2013中国錦州世界園林博覧会が開催されることになった。博覧会期間中、世界のランドスケープにおける最高の芸術作品が展示されるほか、豊かで多彩な各種のテーマ文化イベント、さらには数多くのハイエンドフォーラムが開催される。「中国新聞社」が伝えた。

 世界園芸博覧会は世界の園芸・花卉界のオリンピックともいわれ、これまでに欧米、日本など主に先進国で30回以上が開かれている。中国は1999年中国昆明世界園芸博覧会、2006年中国瀋陽世界園芸博覧会の2回の開催に成功している。
◎上記、赤文字のイベント・フォーラム行事に対して弊社の企画が採用されました。弊社の企画は下記の通りで御座います。
①日本の若手エクステリアデザイナーによる庭作りセミナー
「日本庭Style会担当他」 www.niwa.gr.jp/
②日本のナノ化製法技術(日本製法特許)の「肥料への転換」パネル展
「株式会社東亜総研担当他」 www.touasouken.com/
③日本B級グルメ「お客様参加型B1グランプリ」(讃岐うどんをメインに・日本のラーメン・たこ焼き(大阪・明石)・お好み焼き(大阪・広島)など等20店舗
「日本香川県高松市等の若手経営者有志担当」

2013年6月7日

第一回錦州市園林博覧会視察団派遣

金曜日の昼からと土曜日の午前中を弊社視察予測で50,000人以上が来場している感じでございましたとの報告が入っています。

遼寧省人民対外友好協会(遼寧省人民政府機関)
遼寧省人民対外友好協会(遼寧省人民政府機関)
ダウンロード
世界花博覧会への参加要望書.docx
Microsoft Word 19.5 KB
ダウンロード
錦州市世界花博覧会日本エクステリア展.docx
Microsoft Word 18.5 KB

ダウンロード
遼寧省中日友好協会批准書.pdf
PDFファイル 205.8 KB

遼寧省人民政府「遼寧省人民対外友好協会」から遼寧省中日友好協会に対する批准書。

遼寧省中日友好協会から弊社活動に対しての批准書です。


瀋陽市に設立のある「環境会社」との日本環境技術導入についての協議に入る。2013/3/38

現在、この会社はロシア、ドイツ、台湾の環境技術導入を行っている会社で御座います。

今回日本の、農業環境技術導入に精力的に導入を打ち出してきています。

弊社は、在中国日系企業として出来るだけ多くの農業環境技術の導入をご提案していきたいと考えています。


遼寧省保利・十二像樹庄園の別荘約500棟の庭園計画が始まりました。

日本のエクステリアデザイナーが設計・施工管理を担当いたします。

上記を、クリック致しますと日本の技術庭作りが大きく見えます。